電動ドライバーってどう選ぶ?

DIYに欠かせない電動ドライバー。ita-modelの椅子を組み立てるにもあるととても便利な道具です。実際には、どんなものがあって、どう使えばいいのか、どんな機能があるのかよくわかっていなかったりすると思います。(少なくとも初心者の私はよくわかっていないのです…。)

電動ドライバーには大きくインパクトドライバーとドリルドライバーというものがあります。

ドリルドライバーは回転力がメインのドライバーです。先端部分を取り換えることによって簡単に穴あけ用ドリルやねじ用のドライバーに変更することができます。

先端部分も種類がたくさんあり、磨いたり、削ったりすることもできます。

特徴としては、クラッチが内蔵されていることです。どういうことかというと、例えばビスを打つときに奥までビスをねじ込んで、それ以上中に入らなくなった時、一定以上の力がかかります。その時にはビットには回転力が伝わらなくなるようになっています。それとは逆にインパクトドライバーは力が加わっても絞め続ける力がずっと加わり続けます。また、回転力に加えて衝撃力も与えながら締め付けるので、硬い材料や暑い材料でもガンガン打ち込める工具です。

家具や柔らかい木材の時はドリルドライバーがよさそうですね。DIY初心者の方が最初に購入するのはドリルドライバーがおすすめかなと思います。

DIYに必要な工具をこれから少しずつご紹介したいと思います。

ピックアップ記事

  1. 新商品開発中!!

  2. 安心安全な構造用合板のお話

  3. お部屋のカーテンについて考えてみませんか?~その1~

ランキング

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る