家を建てるための法律のお話~その1~

昨日は構造計算という言葉が出てきました。その説明をしようと思ったら、その前に大きな壁が!!建築基準法という法律です。

家を建てるのに避けて通れない道ですので、その話を先にしなければいけないということに気づきました。そこでまずは建築基準法とは何ぞや?というところを数回に分けてお話しようと思います。

 

建築基準法の内容は大きく二つに分類できます。

1.建物の安全、衛星を確保するためのもの

2.市街地の安全、環境を確保するためのもの

以上の二つです。

 

建築基準法は国民の生命、健康、財産を守るため、地震や火災などに対する安全性や、建築物の敷地、周囲の環境などに関する必要な基準が定められているのですね。世の中では様々な研究が日夜行われています。災害のたびにまたいろいろな研究がされて、よりよい生活を送るために法律もどんどん変化しています。2020年には省エネ基準住宅が義務化されます。大きな変化の年になりそうですね。

いつか、このサイトを見てくださった皆様がDIYで家を建てるようになる時が来るようにサポートしていくつもりです。その時にも法律は必ずかかわってきますので、頭の片隅に入れておいてくださいね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新商品開発中!!

  2. 安心安全な構造用合板のお話

  3. お部屋のカーテンについて考えてみませんか?~その1~

ランキング

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る