杉無垢板ができるまでのお話~その2~

前回は乾燥機に入っていく様子をお話しました。

次はどうなるでしょう。

乾燥機から出た板は数週間そのまま外で休ませます。その時の自然の状態になじませるんですね。

その後集成材にするために工場の中に運ばれていくのです!!

見渡す限り、木材の山です!!!

これだけの量をどうやって管理しているのでしょうか。

実は実は…。

わかりますか?書いてありますよね!

これは、17年7月19日の43番目のものという意味だそうです。

よくよく見ると、山になっている木材すべて書いてありました!番号をふって、きちんと管理されているのですね♪

工場の中のお話はまた次回。

 

関連記事

商品情報

  1. リビングデスクとリビングスツールのセット通常購入価格25,000円+8000円=33000円…
  2. リビング学習を目的としたおしゃれなデスク♪コロンとした丸いフォルムにもかかわらず、作業…
  3. リビングデスクのデザインに合わせ、曲線を用いたかわいい椅子です。大人椅子と同じですが、材質が異な…
  4. 価格 :3500円(税込)材質 :杉無垢 集成材サイズ: 910x455x…
  5.   価格 : 5000円(税込)材質 : 杉無垢 集成材サイズ : …

ピックアップ記事

  1. ふるさと納税返礼品に決定!!

  2. 丸のこ体験記~その1~

  3. 新商品開発中!!

ページ上部へ戻る