段ボール工場に潜入!~すごいぜ!コルゲータ~

なんだか熱のこもったタイトルになりましたが、本当に感動的だったのでついつい・・・。
コルゲータというのは紙を貼り合わせて段ボールにしていく機械のことです。
昨日お話した原紙をまずは2枚張り合わせます。日本紙器さんの工場では段ボールの厚さが2種類加工することができ5㎜のものと3ミリのものができます。ちなみに、その2種類を張り合わせた8㎜のとても丈夫な段ボールも作っているので合計3種類ですね。
ギザギザのついた歯車のような形のローラーによって1枚はギザギザに成形され、そこに糊が付けられてもう1枚の紙に貼り合わせられます。
これが今梱包で使っている片段ボールというものです。
それに表面になる紙(表面になるところが光沢だったり色付きだったりします)を張り合わせて段ボールになります。その段ボールはそのまま自動で必要なサイズにカットされたり、折り曲げるための罫線を入れたりして1枚ずつのシートになっていきます。段ボールの加工の際はかなりの高温にして形を成型、貼付けをするので、カットされて出てきた段ボールからは湯気が立ち上っていました。触ってみるともちろんホカホカ♪
ホカホカの段ボールに触れるのは工場だけですねー。

こんな感じで積み上げられています!!

関連記事

商品情報

  1. リビングデスクとリビングスツールのセット通常購入価格25,500円+8500円=34000円…
  2. リビング学習を目的としたおしゃれなデスク♪コロンとした丸いフォルムにもかかわらず、作業…
  3. リビングデスクのデザインに合わせ、曲線を用いたかわいい椅子です。大人椅子と同じですが、材質が異な…
  4. 価格 :3900円(税抜)材質 :杉無垢 集成材サイズ: 910x455x…
  5.   価格 : 5800円(税抜)材質 : 杉無垢 集成材サイズ : …

ピックアップ記事

  1. ふるさと納税返礼品に決定!!

  2. もくもくフォーク

  3. もくもくスプーン

ページ上部へ戻る